空売り手法研究所

空売りで勝ち組になるための超特化型サイト

空売り手法

デイトレで使える急騰株狙い

投稿日:2018年3月8日 更新日:

デイトレでは急騰銘柄も空売り候補

空売りでは下降トレンドを狙うのが基本ですが、デイトレあるいはスキャルピングに近いレンジに限れば急騰銘柄にも使えます。毎日色々な銘柄のチャートを眺めていると、
急騰して陽線で引けたが長い上髭をつけた
というチャートはよく見かけることと思います。この上髭部分を積極的に狙うのがこの手法です。多少ギャンブルチックだと思われるかもしれませんが、うまくいくと非常に効率よく利益を上げることができ、かつ勝率も高いです。(ただしこの手法は常に板に張り付いていることを前提とします。)

銘柄選定と空売りタイミング

通常、急騰銘柄を事前に買いで仕込んでおくことは至難の業です。いつどの銘柄が急騰するかなど予想のしようがないからです。しかし「その日急騰している」銘柄は簡単にわかります。そう、値上がり率ランキングを見るだけです。値上がり率ランキング上位のうち、東証一部の貸借銘柄のみをピックアップします。この中で特に日中足で数分のうちに急激な上昇を見せて一服したような銘柄に空売りを仕掛けます。あとはイナゴの利益確定売りを待って好きなタイミングでその日のうちに買い戻すだけです。(もちろん、一服後にまだ上がるようならすぐに損切りします。)

非常に単純ですが、意外とこれで勝てます。私もデイトレができる日はよくやっています。

ただし、日経平均が大きく下げている日の急騰銘柄は狙うべきではありません。こういう日は地合いに素直にいくべきです。また、逆に日経平均が大きく上げているときもやめましょう。狙いは日経やや上げの日です。



絶対にやってはいけないこと

この手法で絶対にやってはいけないことはこの3つです。

絶対にやってはいけないこと
1.S高気配の空売り
2.売りポジションの持ち越し
3.ナンピン

1.S高気配の空売り

まあ、やる人はいないでしょう(笑)。

2.売りポジションの持ち越し

急騰の翌日は値動きが激しくなりがちで、かつ窓を開ける場合も多いです。もちろん値上がり率ランキングで上位にいた銘柄が翌日値下がり率ランキングに顔を出すこともよくあるので持ち越したことにより大きく利益を出せる場合もあると思います。しかし急騰するからにはそれなりの理由があるもので、買い圧が強ければさらに翌日GUとなることもあります。単なるGUで済めばいいですが、最悪S高張り付きで買い戻せない可能性もあります。必ずその日のうちにポジション解消しておきましょう。

3.ナンピン

通常の空売りでもナンピンはあまりすべきではありませんが、急騰狙いのデイトレ空売りでは絶対NGです。下げてくれなければ素直に損切りしましょう。次のチャンスはすぐ訪れるのですから。

まとめ

・デイトレでは急騰銘柄も空売り対象
・出来れば日経やや上げくらいの地合いで
・S高には触らない、持ち越さない、ナンピンしない

注意点はしっかり守って急騰銘柄にもチャレンジしてみましょう!

-空売り手法

Copyright© 空売り手法研究所 , 2019 All Rights Reserved.