空売り手法研究所

空売りで勝ち組になるための超特化型サイト

トレーダーズ・ウェブ

銘柄スクリーニングの悩みはトレーダーズ・ウェブで一発解決!

投稿日:2018年4月21日 更新日:

銘柄選びは本当に難しいですよね。

みなさんはどのようにスクリーニングしているでしょうか。

買いであれば今後上がりそうな銘柄、売りであれば今後下がりそうな銘柄をなんとか発掘したいと頑張っても、そもそもどうやって見つけたらいいのかわからないという人もいると思います。

そんな人にオススメなのがトレーダーズ・ウェブです。

非常に有名なサイトなので今更という感はありますが、私なりのトレーダーズ・ウェブの使い方を紹介させていただきます。



 

トレーダーズ・ウェブとは


トレーダーズ・ウェブは株式会社DZHフィナンシャルリサーチが運営する総合投資情報サイトです。

このサイトのデータは東証や日本経済新聞社、東洋経済新報社などから情報提供を受けており、業界最高水準の情報量を誇るサイトになっています。

このサイトを見れば調べたいことの大抵の答えが載っているイメージです(笑)

株をやるなら絶対に知っておかなければならないサイトのひとつと言ってよいでしょう。

 

押さえておきたいトレーダーズ・ウェブの機能


トレーダーズ・ウェブでは本当にたくさんの情報が日々更新されていきます。その中で特に利用価値が高いものをピックアップしました。

 

銘柄スクリーニング

なんといってもこれでしょう。

他のスクリーニングサイトの追随を許さない圧倒的な使いやすさです。

基本的なテクニカル指標、ファンダメンタルズ指標を網羅しているだけでなく、トレンド、一目均衡表、MACD-SIGNなどもスクリーニング条件に設定できるのが特徴です。

買い目線でのスクリーニングは他のサイトでも充実したものがありますが、空売り目線でのスクリーニングではトレーダーズ・ウェブが頭一つ抜けている印象です。

しかも無料です。

ちなみにスマホでもPCでも使用できますが、PC画面のほうがスクリーニング条件の入力がしやすく、さらに情報が1ページに収まるのでPCのほうが見やすいです。

なので基本的にPCでの使用をオススメしますが、スマホで使用する場合でもPC表示にすれば問題ありません。

トレーダーズ・ウェブ 銘柄スクリーニングはこちら

 

個別株情報

各個別株のチャート、テクニカル指標、ファンダメンタルズ指標、信用取引データなどが一画面の非常に見やすい構成で閲覧することができます。

いま保有している銘柄でもスクリーニング中の銘柄でも、画面上の検索ボックスに銘柄コードを入力するだけで簡単に情報を得られるので非常に重宝します。

 

信用取引情報

東証全体の信用残高の推移や逆日歩情報を見ることができるだけでなく、個別株の信用残高の増加率や減少率のランキングを見ることができます。

例えば、売残が増加しているのに株価は上がっているような銘柄を見つけて踏み上げ相場を狙った買いを入れるなどの判断をするのに非常に役立ちます。

トレーダーズ・ウェブ 信用取引情報はこちら

 

初動銘柄

東証1部の全銘柄の中から、5日線を上にブレイクした銘柄と下にブレイクした銘柄が毎日初動銘柄として一覧表示されます。

誰もが初動を掴みたい中でこの情報は本当にありがたいです。

あとは初動銘柄リストの中からコレという銘柄を選ぶだけです。

トレーダーズ・ウェブ 初動銘柄はこちら

 

銘柄スクリーニングの使い方

初期画面

銘柄スクリーニングのページにいくと、次の設定画面が表示されます。(こちらはPC画面です。スマホ画面は見た目が違いますが内容は同じです。)

テクニカル、ファンダメンタルズ合わせて37つの設定項目があり、この中から自由に項目と数値を設定してスクリーニングができます。

 

スクリーニング項目設定

スクリーニング項目設定方法

  1. 設定したい項目のチェックボックスをクリック
  2. 設定したい数値を入力
  3. 表示させたい項目は表示チェックボックスをクリック
  4. 最後に実行をクリック

 

スクリーニング結果

実行ボタンをクリックすると、設定したスクリーニング条件に合致した銘柄が一覧表示され、表示ボックスにチェックを付けたスクリーニング項目も一覧画面に表示されます。

さらにこれらの絞り込まれた銘柄のコードをクリックすればその銘柄の詳細情報を確認することができます。

あとはスクリーニング条件を色々試して自分オリジナルの銘柄探しを探求するだけです!

 

有料版はプロ仕様!特に使える機能はコレ!


いままで紹介した機能は全て無料で利用することができますが、有料版のトレーダーズ・プレミアムではさらに充実した機能が備わっています。

その中で特筆すべき内容について紹介します。

 

一番搾り

某アルコール飲料の名称ではありません(笑)

これは短期的にみて上昇する可能性が高い銘柄を毎日ピックアップして毎朝の寄り付き前に配信してくれるサービスです。

プロの確かな目で選定された銘柄はさすがの勝率を誇ります。

参考までにトレーダーズ・ウェブから2016年と2017年の成績を紹介します。

何も考えず配信の通りに買うだけでも勝ててしまうほどの成績です。

地合いが悪いときには買いを見送るという判断を加えるだけでもさらに良い成績を上げることができます。

実は無料版でも一番搾りの推奨銘柄を見ることができますが、無料版は5日遅れの配信になってしまいます。

押し目買い狙いとして無料版の5日遅れの一番搾り銘柄を監視するという手法も有効ですが、やはり寄り付き前に配信される有料版のほうが当然効果的です。

トレーダーズ・ウェブ 一番搾りはこちら

 

プレミアム初動銘柄

プレミアム初動銘柄は2017年途中からスタートしたサービスで、初動を捉えて短期的に大きなリターンを期待できる銘柄をピックアップしてくれるサービスです。

2017年の成績は以下の通りです。

一番搾りに比べると多少リスクを取りつつも大きなリターンを狙うというスタンスなのがわかると思います。

こちらもうまく使えば大きなリターンを狙えるサービスです。

ちなみに2018年も最大リターン+53%をたたき出しています(4/21現在)。

こちらも一番搾り同様無料版でも使用できますが5日遅れの配信となります。

トレーダーズ・ウェブ プレミアム初動銘柄はこちら

 

カラ売り銘柄

このカラ売り銘柄は一番搾りの逆で毎朝寄り付き前に空売り推奨銘柄を配信するサービスです。

実は当サイトで配信している空売り推奨銘柄はトレーダーズ・ウェブのカラ売り銘柄を自分でやってみたいという思いから始めたものです。

2016年と2017年の成績は以下の通りです。

こちらもさすがの成績ですね(笑)

地合いに合わせて一番搾り、プレミアム初動銘柄、カラ売り銘柄をうまく組み合わせればかなりの利益を上げられそうです。

トレーダーズ・ウェブ カラ売り銘柄はこちら

その他、買われすぎ・売られすぎの判定などが一目瞭然でわかる「トレーダーズ・コンパス」や、各証券会社が発表しているレーティング情報が寄り付き前にわかる「寄り前レーティング一覧」、保有銘柄の今後の見通しなどをプロに質問できる「投資相談室」など、有料版ならではの有益な情報が盛りだくさんです。



 

気になる料金は?

有料版は非常に強力なツールとなりますが、気になる料金の方はどうなっているのでしょうか。

トレーダーズ・プレミアムご利用料金(税込)
月契約会員 : 月額  10,800円
半年契約会員:半年額  54,000円
年契約会員 : 年額 108,000円

だいたい月1万で、長期契約するとその分安くなるという料金体系になっていますね。

正直そんなに安くはないですよね(笑)

一番搾り銘柄、プレミアム初動銘柄、カラ売り銘柄は毎朝寄り付き前に配信されますので毎月20 × 3 = 60銘柄の情報得ることができます。

投資顧問会社などでは1銘柄の紹介で数万~数十万という価格体系が普通なのでそれを考えればかなり安いと言えます。

月1万という額は株の利益で考えると一瞬で取り返せる額でもあると思います。

たとえば100万円の運用資金がある人はわずか1%の利益で元が取れる計算になります。

これまでの成績を見れば月1%の利益など問題なく出せるでしょう。

あとはご自身の目で判断されてみて、有効だと感じれば有料会員への登録は全然アリですし、無料で十分だと思えばそれもアリです。

有料会員は下記リンクから申し込み可能です。

 

最後に

今回はトレーダーズ・ウェブについて紹介させていただきました。

今後はさらに銘柄スクリーニングの使い方について有効な使い方などを記事にしたいと思います。

-トレーダーズ・ウェブ

Copyright© 空売り手法研究所 , 2019 All Rights Reserved.